安心安全なお米を目指し、栽培工程を公開中!
村の農家・里山米人のふるさとお米便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草刈

晴れのち曇り
最高気温16℃ 最低気温6℃

さて、昨日水路は補修して流入を防いだので、次は水を抜く方に持っていきます。

田んぼの外周の方には水が抜けていくよう「ネキ」が掘ってあります。
田んぼの地表より本来は低いんで、普通ならそこから抜けて行って田んぼは乾くんですが…

でもイノシシ君などの獣に荒らされたり自然に土砂が溜まったりでネキが機能しない田んぼも多々あります。

そんな時は鍬やユンボなどで「ネキ上げ」をしなければならないんですが…
でもそのためにはネキの泥を上げた時に置く場所を確保しなければ…

って、上げたらそのままネキのすぐ上の田んぼの地表面に置けばいいんですが、ネキの脇の田んぼの部分は草が結構生えています。
そんなところの草刈りを先に。111117.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

里山米人

Author:里山米人
里山米人=村松 健
1975年生まれ。
「一から作り出す仕事」の農業を志し、東京から京都府綾部市に移り住む。
現在米農家として奮闘中です。
日々の作業を、「栽培記録」として公開しています!

お米を作っている田んぼは
こちら(google map)

ご意見・ご感想は、コメント欄か
↓よりメールにてお願いします.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。